機能性便秘とは

Permalink

便秘は機能性便秘と器質性便秘に分類されます。器質性便秘とは、ポリープや大腸の変形など病気が関係する便秘です。機能性便秘は病気が関係していない便秘のことをいいます。一般的に便秘という場合は、機能性便秘のことを指すケースが多いです。機能性便秘は3つに分けることができます。

1つめは弛緩制便秘です。便は大腸の蠕動運動によって肛門に運ばれますが、大腸の働きが鈍く便を押し出す力が弱くなって便秘になります。女性や高齢者に多くみられる便秘です。コロコロとした便がでることが特徴です。

2つめは痙攣性便秘です。痙攣性便秘は、弛緩性便秘とは反対に腸の働きが過剰になっている便秘です。大腸が過剰に動いて痙攣を起こしたようになり、便のスムーズな移動ができていない状態です。自律神経の乱れが原因です。自律神経はストレスで乱れてしまうので、ストレスが多い現代社会では誰もが無縁とはいえないでしょう。便秘と下痢を繰り返したり、下腹部が痛くなりやすいことが特徴です。

3つめは直腸性便秘です。直腸性便秘は、普段から便意を我慢することが原因です。便が肛門の出口まで来ているのに、便を我慢し続けた結果、便意を感じにくくなって便秘になってしまいます。

これらは生活習慣が関係しています。中でも生活習慣と密接な関係がある便秘が、弛緩性便秘と痙攣性便秘です。これらの便秘を解消するためには、生活習慣の見直しが大切です。では、具体的にどのようなことをしたらいいのでしょうか。